スプレーブレンド無酸素充填

【現状】

瓶2.png

N(窒素)
※又は、CO2

溶存酸素(温度によって変化)
※20℃の場合、8.84mg-O/L

💀酸化の元(劣化の原因)

【無酸素充填】※瞬時に可能

瓶2.png

N(窒素)(IN LINE充填)
※又は、CO2

溶存酸素➡100%窒素置換
酸化しない(劣化しない)

images-7.jpg

酸化

※稲城市食育 食文化を次世代に残す為の活動をしている団体HPより

飽和酸素化

WINE.png

N(窒素)(IN LINE充填)
※又は、CO2

溶存酸素➡飽和状態に出来る!
(瞬時にIN LINE)

☺美味しい!

酸化しやすいワイン等、美味しく頂けるようになります。

2498677.jpg
4144230_s.jpg
2102159_s.jpg

スプレーブレンドの装置の仕組み

12.png

●ライン処理、噴霧直前混合による均一化、常に安定した品質の混合液が得られます。

●ノズルの機構はシンプルで高粘度物質の使用が可能で混合・混錬の垣根を無くしました。

●粒径が100nm以下になると分離しずらくなり、例えば油と水をスプレーした場合は、長時間の分散状態を保ちます。

●脱泡能力があり、バッチタンクにスプレーされた媒体内には空気の混入がありません。

●対象物に熱や物理的なストレスを与えません。

●液、液、固、液、および気・液での分散、混合、仕込みが可能です。
(粉体の場合は、スタチック発生に充分なる注意が必要です)

 

​【主な特徴】

​【スプレーブレンドの先端と装置】

6.JPG
14.png