カメラ・音響機器・精密機器

オーバーホールしても、

    またカビ生えます

一度カビてしまった物は、根本からカビを処理しない限り、またカビが発生してしまいます。

どんなものが対応出来るのか?

402859_s.jpg

目に見えるカビだけを無くし、満足していませんか?

988384_s.jpg
3030782_s.jpg
153948.png
顕微鏡ライカ1.png

カメラやレンズ等の映像機器、

スピーカーやマイク等の音響機器、その他精密機器です。
スマートフォンやゲーム機・顕微鏡も対応可能です。

こんな身近な物がこんなに菌だらけ・・・
菌だらけのノートパソコンやスマートフォンを触り、そのままご飯を食べていると思うとぞっとしませんか?
除菌シートで拭いてるし、殺菌スプレーもこまめにやってるから大丈夫!と思ってませんか?
それでは、菌を減らすことは出来ても、菌を無くすことは出来ません。
しかも、どの程度減ったか等の保証と証明も全くないのです。

日頃から使っている物って、こんなに菌だらけなんです。

じゃあ、処理方法ってどんなことするの?

残留・無腐食を基本とした、数種の薬剤を使用します。
液状・ガス状と、適剤適所の対応を行い、安全を保証します。
また、大切なお品物が変性する等は全くございません。
マイクを共有使用し、集団感染したとニュースで流れます。
弊社の滅菌処理では、普段清掃している奥まで菌を死滅させる事が可能です。
多くの方が安心して使えるように、と思います。

日本は、高温多湿。ちょっと油断してしまうとカビはあっという間に広がってしまいます。
また、共有マイクを使いまわす事により、集団感染が発生しています。
除菌・殺菌スプレー等でこまめに清掃しています。というのが多いと思いますが、それだけでは足りません。
もちろん、【全く何もしない】というよりは良いです。ですが、ほんの少しマシという程度です。
マイクやスピーカー等となると、カビだけではなく、ダニ等の生息地となる場合があります。
もちろん、マイクやスピーカー以外にもダニ等はいます。
カビやダニ等を一掃(リセット)することにより、(カビやダニ等が原因による)機器の寿命を伸ばすことが出来ます。

 

ページメニュー

※滅菌・除染を行うものであり、汚れを落とすことは出来ませんのでご注意ください。