Copyright (C) 2015-2018 Feather Grass Co.,Ltd. All Rights Reserved.

​製品情報  :  スプレーブレンド微粒化混合システム

加熱計測型システム例

スプレーブレンド微粒化混合システムは、コンプレッサーから
送り出される圧縮空気により、数種の仕込み媒体が引き込ま
れ、ミキシングノズルで極小粒径にされ、瞬時に分散・混合さ
れるライン処理の新しいメカニズムの混合システムです。

  特徴

● 高い分散性能・混合性能

  高粘度(約10,000cP以上)、難溶物、ナノ粒子など瞬時に

  分散・混合します。

● タンク・攪拌翼がない新しいコンセプト

  空気の巻き込みがなく脱泡不要、界面活性剤も不要です。

  また、ライン処理方式で多品種・大量処理が可能となりました。

● 混合対象物を選ばない

  液-液系、固-液系および気-液系での分散・混合が可能です。

● スケールアップが容易で量産導入の検討が容易
    極めてシンプルな設計のため、量産プラントの設計が容易です。

  量産を前提とした素材開発に最適です。

圧縮窒素による圧力差により、原料乳が引き込まれ、ノズル部でナノレベルの極小粒径に分散されます。

この分散状態は、非常に反応性が高く、
この時、原料乳内の残存酸素が効率良く窒素に置換されます。

過熱蒸気を用いる事によって殺・滅菌処理も同時に可能。

従って、全ての工程がライン処理で同時に短時間でライン処理されます。

1. 微粒子化・分散化の精度が高く・安定しており、品質、品質保持性が向上。

2. 溶存酸素の窒素置換効率が極めて高い(ほぼ100%)、品質(うまみ、安定性)が向上し、品質保持性も向上。

3. 過熱蒸気による殺・滅菌処理は、極めて瞬時(数秒:加熱⇔冷却)に処理出来る新規殺菌法。

4. 従来のバッチタンク処理からインライン処理が可能になり、従来の1/10以下のプラント規模で著しい省設備化。
   (バッチタンク、ストックタンクが不要)で従来以上の多品種・大量処理が可能。

5. 新システムは、極めてシンプルな構造であり、メンテナンスが容易。著しい高品質化と低コスト化が同時に可能